ボイストレーニング、先生の選び方

専門スクールやカルチャーセンター、もしくは個人レッスンでボイストレーニングをされている方、先生との相性がよければ最初のレッスンから手ごたえを感じ、三回目くらいのレッスンではどんどん声が豊かに伸びてゆく実感を得られてるのではないでしょうか。逆に3回レッスンを受けて、何の手ごたえも感じられない、もしくは声の変化が見られない(録音して客観的に自分の声を聴く事が大事です)場合は、先生が合ってないのかも知れません。素晴らしい声の持ち主が必ずしもいい教師になれるわけではないのはもちろん、素晴らしいと評判の先生もまた、貴方にとってそうであるかはわかりません。もしピンとくるものがなければ、ドシドシ他の先生のレッスンにも行ってみる事です。そして出来れば同性の先生が望ましいでしょう。ジャンルがクラシックの声楽の場合は特にそうです。男性の先生が女性の高音を理解して指導するのはとても難しいからです。ポップスやジャズ、その他の分野のものを歌うにも、一度「声楽」をやってみるのはおすすめです。息の流れを身につける事が出来れば飛躍的に声が出るようになりますよ。

様々な効果をもたらすボイストレーニング

ボイストレーニングの場合、知識や経験が豊富な講師から正しい発声法を学べる点が魅力です。歌を上達させるためには、正しい発声法を身に付けることが大変有効で、プロの歌手を目指している場合やカラオケの上達を図りたい場合など、幅広い目的において役立ちます。また、正しい発声法を身に付けることで、喉に対する負担の軽減にもつながり、歌う頻度が多い場合でも喉を痛めずに済みます。ボイストレーニングを受ける際には、一人ひとりの状況に合わせたきめの細かい指導が受けられるスタジオを選ぶことがポイントです。そのため、指導内容などに定評があるスタジオを選ぶことで、より優れた効果を期待できます。なお、ボイストレーニングを手掛けるスタジオでは、体験レッスンを実施している所が多いので、実際の指導を通して自分に合っているかどうかの判断が可能です。

ボイストレーニングで歌声をもっときれいに

もっと歌を上手に歌いたい、プロの歌手を目指す為に、一から歌を習ってみたい、そんな事を考えている人もいるのではないでしょうか。そんな時おススメなのがボイストレーニングです。ボイストレーニングに通う事で、歌声をもっときれいにする事が出来ます。やはり自分で練習するだけでは限界があります。また、間違った歌い方をしていると、喉を痛めてしまう事もあります。その様な事を考えた時、一番良いのがボイストレーニングです。しっかりこの教室に通う事で、プロの先生に声の出し方や発生の仕方をしっかり教えてもらう事が可能です。オリジナルの歌い方では、上手く声を出す事ができなかったり、音域の幅を広げる事が出来ないかもしれません。そんな時は、プロにしっかり歌い方を伝授してもらい、より発生を上手く出来るように指導してもらいましょう。